広島を拠点に津軽三味線をお仕事にして生活しています。 リラックマ・ムーミン・ラスカルなどのキャラもの・フラワーカンパニーズ(バンド)が好きです。エレキベースも嗜みます。
2016年05月13日 (金) | 編集 |
随分久々の投稿となってしまいました。
と言うのも、先月、膵臓を悪くしてしまいまして、しばらく入院しておりました。
これまで健康優良児で来てたので、私自身入院しなくてはならなくなりビックリしたのですが、入院と言う初めての経験で感じた事は、もうとにかく退屈。
こんなにも暇なものなのかと思いました。
マンガを読むかラジオを聴くかしかする事ないですからね。
入院後半はiPadで自作曲のデモテープ(オケ)を作ったりしていましたが。
その後退院してからは、体力がものすごく落ちている事に驚きましたね。
最初は階段登っただけでもうヘトヘト。
持久力だけでなく筋力、柔軟性ともに著しく落ちてました。
こんな状態ではなかなか三味線を上手く弾くことは難しいので、リハビリをしていました。(健康上のリハビリというかは、楽器を弾くためのリハビリですね。)
そんなこんなで、ただでさえ筆不精な私が更に筆不精となってしまっていたというわけです。
で、演奏後記ですが、光市の方は、丁度入院中にスケジュールが被っていたので、外出許可を病院からいただき演奏に向かいました。
治療は食事療法と点滴が主だったのですが、その日が絶食空けでようやく食事が始まった日で、おかゆさんなどの腹にたまらないものでしたので、とにかくお腹空いてました。
なにせ、絶食は3日ありましたからね。
で、入院中弾けてなかったので、リハーサルではなかなか楽器が体に馴染まなかったですね。
随分久々に慌てました。
そこで、ストレッチを行い、改めて演奏する際の心得を反芻し、いざ本番の舞台では、入院中の身とも悟られる事なく、クライアント様に非常に喜んでいただけました。
ほんと良かったです。
なんというか、その時はリハーサルの不調が嘘のようにしっかり演奏できましたね。
人間の集中力というのは大したものですね。
もうひとつの演奏後記のグリーンピアせとうちは、つい先日だったのでコンディションも整っており、通常通り演奏出来ました。
こちらの方は、以前違う現場で演奏させていただいた方と同じ方がクライアント様で、リピートして下さったのですが、今回も喜んで下さり、ものすごく励みになりました。
グリーンピアせとうちには、ちょっとしたキッズコーナーがあり、そこにUFOキャッチャーがあったですが、性根が永遠の14歳の私は、バッチリUFOキャッチャーでスヌーピーのぬいぐるみを確保しました。
河野一志web
http://nosuke.nomaki.jp



ランキングに参加しております。よろしければ、ご協力くださいませ。