広島を拠点に津軽三味線をお仕事にして生活しています。 リラックマ・ムーミン・ラスカルなどのキャラもの・フラワーカンパニーズ(バンド)が好きです。エレキベースも嗜みます。
2015年08月26日 (水) | 編集 |


抜糸しました。

わりとグロいですね。

とりあえず、これで通院は終わりです。

先生から

「まだ、傷口が痛いんか中が痛いんかわからん思いますが、あんまり酷いようならまた来てください。」

ということでした。


傷口の痛みですが、大分、少し痛みが出る時もありますが、日常生活ができるようになり、箸も使えますし、物を持ったりも出来るようになりました。

ですが、親指をしっかり広げたり、手首をしっかり曲げたりすると痛みがでます。

なんだか、傷口が突っ張る感じがします。

ですので、バチを振ることはまだ難しいです。

バチを振る動作はこの親指を開くことと、手首をしっかり曲げることを同時にしていますので、痛いわけですが。

ただ、2週間で日常生活が出来るようになるとは、人間の回復力とは大したものです。


とはいうものの、楽器が弾けないのはやはり不安なもので、同じように、ケルバン腱鞘炎の手術をされた方のブログを覗いたりしてみると、大体同じような経過を辿っていました。

1ヶ月後には、ほぼ普通の生活に戻れているということでしたので、ほんのちょっと安心。

この調子で良くなってほしいものです。

河野一志web
http://nosuke.nomaki.jp



ランキングに参加しております。よろしければ、ご協力くださいませ。